セッション講座(第74回)2018/2/17

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

やればわかってくる。音楽は世界共通語♪ ジャンルの垣根なんて関係ない!

ビーツアップ音楽教室セッション講座のええとこは、ジャズありポップスありラテンあり・・・と、世界のポピュラー音楽をいいとこどりできることにあります。

ピアニストも時々ベースを体験できたり、ドラマーは「譜面」に対応できる力をつけることができ、やればやるほど音楽の深み、喜び、そして取り組む幸せを味わえます。

ということで、今日のテーマは・・・

 

拍子感とサブディビジョンはセット

IMG_5005

日本人の演奏でもっとも希薄なのが「拍子感」です。
これはプロの世界では当たり前にクリアしとかなあかん話ですし、ちゃんとした音楽家と付き合えば付き合うほど「拍子感」の大切さを思い知ります。

拍子感を支えるのが「サブディビジョン 」、つまりリズムの細分化です。

たとえばサンバやるときはドカチカドカチカというリズムのバイブレーションをしっかりとムーブさせることなど。

これはドラマーだけでなく、ベーシストはもちろん、フロントの奏者もたしなんどかなあかんことなのです。

一人でおうちでできたリズムも、みんなとやると気持ちが揺らいで取れなかったりします。

ですが、その場で落ち着いて「歌心発動!」することで、結構できるようになるものなのです。

これこそが、セッションの価値。

皆さんも是非、上達しにお越しください!!

まえだけんドラム

おすすめ記事

上達!スタッフ紹介



☆パラダイスキャット

パラダイスキャット大

まえだけんドラムの代わりにブログの進行したり、ライブ案内するのが任務。本人は楽器をたしなまないが、大変耳が良い。



☆堀リズムちゃん

堀リズムちゃん大

ピアニスト。ジャズだけでなくポップス・ラテン・クラシックも演奏し、造詣が深い。アレンジ・作曲、そしてお掃除も得意・・・と、なんだか誰かにそっくり。



☆上達也くん

上-達也クン

上達を熱望するドラマー。だが、なかなか思うように上手くならないのでいつも悩んでいる。ここだけの話だが、大昔のまえだけんドラムはこんな風に苦しんでいたのだった!