ひと味違う、音楽的なドラマーに上達するための一提言。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ドラムにしか出来ないこと」で、バンドの音楽を演出すればいい・・・

2012-08-09 15:17:25
テーマ:ドラム攻略術!!

 

+++++

 

こんにちは、ご機嫌麗しゅう!
ビーツ・アップ 前田 憲です♪

 

皆さんは「新入り/駆け出し」の時ってありましたか?

社会人1年生とか、部活新入りとか・・・人は必ず、この時代を通過しますよね。

きっといろんな経験をされたのでは?

僕のお話で恐縮ですが、20代のころ、プレイヤーとしてなかなか認められなかったのです。しかも「何がアカンのか」ず~っと、ピンと来ていなかった。

でも、ある日ついに「ピンと来た」んです!

つまりですね・・・ドラムは、

 

「一人でコンサートできない!」

 

ということなのです。

もちろん1人で「ドラムのみのコンサート」やってる偉大な「神保彰さん」や「テリーボジオさん」もいらっしゃいます。そして、普通のライブの中にも「ドラムソロ」だってあります。しかし、それはごく特殊な例。時間制限もあります。

基本的にドラムは、歌やピアノ、ベースの「メロディ-/ハーモニー」の手助けがないと、音楽として成立させるのはかなりハードなんです。

じゃあ、どうすれば「音楽的ドラマー」になれるのか?

 

 

「ドラムにしか出来ないこと」で、バンドの音楽を演出すればいいんです!!

そうすると・・・あら不思議~

バンドメンバーが、とたんにドラムのビートに「よろこんで」合わせてきてくれるんです。

その結果、どうなるかというと、バンドはイキイキするわ、グルーブするわで、ええことばっかりなんですね♪

 

それでは、例えばどんなノウハウを知っておけばいいのでしょう?

たとえば、ものすごい「繊細な感じ」の曲なら、ドラムも「細ーい線をかいてるような」ビートを出して、雰囲気を出してあげればいい。

そろそろ盛り上げるタイミングかな?って言うときには、「ざーーーーーーっ」って、ロール(優勝者の発表のとき、名前が呼ばれるまでにタイコがなってるでしょ?あれです。)を徐々に大きくしてあげたらいい。

こんな感じの「演出のしかた」が、たくさんあるんですね~♪

 

でも何より重要なのは、ドラムの出すビートが「一人でもグルーブ」していること。

こうなると、ほかのバンドメンバーの負担が減って、自由になり、バンドが生き生きしてくるんですね。

グルーブできるよう、練習をいっぱいして、「音楽的ドラマー」を目指してください!

 

皆さんの活躍を、心より応援してます♪

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマーのみなさんへ
(少しでも悩みが解決するように)

 

 

皆さんは、ご自分のドラミングに自信を持ってますか?

または、

獲得目標が明確な確固とした練習法をお持ちでしょうか?

 

そして、自分に才能や素質があるのか?

この先、上達するのだろうか?

本当に豊かで、喜びにあふれた音楽人生が送れるのだろうか?

 

そんなあなたの悩みが、少しでも解消しますように。そんな願いを込めて、前田憲からメッセージを書かせていただきました。

以下、ご興味ありましたら是非ともご覧ください!

「ドラマーのみなさんへ」を読む

SNSでもご購読できます。