5つのよくあるクレーム。そして悩みを解消するためには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
よくあるクレームを解決!

バンドでは、だいたい次の様な「クレーム」がきます・・・・・・・・

 

 

2012-08-10 21:10:59
テーマ:ドラム攻略術!!

+++++

 

こんにちは、ご機嫌麗しゅう!
ビーツ・アップ 前田 憲です♪

 

ドラマーの皆さん!

ドラム上手に叩けたら「カッコいい!」ですよね~

ではここでクイズです(* ̄ー ̄)>

 

Q. プロのバンドで、いちばん怒られる確率が高いのは、どのパートでしょうか??

正解は・・・

 

「ドラマー」です!!

 

ゴメンなさい・・・ガッカリしないでくださいね~

 

でも真剣に取り組むドラマーなら、そんな悩みも解消してしまいます!!

なぜか? それは・・・

僕自身が、駆け出し~現在に至るまで実にたくさんの「ダメだし」を頂き、それを一つ一つ「解決してきたから」

なんですね~♪

 

もちろん、「ダメだし」というよりは「音楽的に高度な」サジェスチョンを、よりレベルの高いプレーヤーから頂く、そんな感じです。

なので、ダメだしをクリアすればするほど・・・

楽しくなってきます♪

 

折角の人生、一度きり。

人間って、精一杯取り組んだ方が、結局疲れないんです!

 

どんどん、みんなの意見を聞ける、そんなドラマーになってください♪

 

 

バンドでは、だいたい次の様な「クレーム」がきます。

もちろん、解決するノウハウはちゃんとあります。

  1. もたる(遅れている/テンポが落ちる)
  2. はしる(テンポが速くなる)
  3. 音色がきたない、うるさい
  4. ワンパターン
  5. かたくるしい 

    1.もたる は、気合いが入りすぎたり、リキんだりしたらなり易いです。感情を込めるのはものすごくいい事ですが、その際「タイム」を守れるように練習していきましょう。また、2.はしる(テンポが速くなる)時ってだいたい、焦っているときとか、「遅れないように!」って思いすぎる時です。

    3.音色がきたない、うるさい
    これは、リキんでいたらなり易いです。4.ワンパターン
    上手な人は、全く同じフレーズを、違う物に聴かせることが出来ます。

    5.かたくるしい
    最初は初々しくていいと思います。めちゃめちゃよりずっと将来有望。

    また、次の様な「メンタルな悩み」も、生徒さんのお話を聞いて、やる気が出るように、一緒に考えていきます。

  6. プロになりたいのですが・・・
  7. 独学でドラムをすることに最近不安をかん じていまして・・・
  8. ノウハウは欲しいけど、先生のカラーに染まるのはイヤです。 

    6.プロになりたい・・・ですが、そのためには、自分の演奏やスキルが「商品」になっていればいいのです。是非チャレンジしてみてください!7.独学で・・・また、独学で学んでいくのは、大変な労力が要ります。勘どころも、なかなか発見できず、恥ずかしい演奏になりがち。やはり、いいプレーヤーかつ教えるのが上手な先生をみつけるのが最も近道でしょう。

    8.先生のカラーに染まるのがイヤな人は、習いに行くのは難しいでしょう。確実に損します。

 

皆さんの音楽生活が、より豊かになりますように♪

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマーのみなさんへ
(少しでも悩みが解決するように)

 

 

皆さんは、ご自分のドラミングに自信を持ってますか?

または、

獲得目標が明確な確固とした練習法をお持ちでしょうか?

 

そして、自分に才能や素質があるのか?

この先、上達するのだろうか?

本当に豊かで、喜びにあふれた音楽人生が送れるのだろうか?

 

そんなあなたの悩みが、少しでも解消しますように。そんな願いを込めて、前田憲からメッセージを書かせていただきました。

以下、ご興味ありましたら是非ともご覧ください!

「ドラマーのみなさんへ」を読む

SNSでもご購読できます。