「本番で落ち着いてできるようになる」メトロノームの使い方って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

練習を『緩い状態』でやっている人は、永遠に上達しない。

 

2013-08-27 21:19:21
テーマ:リズム感、その「深化論」

 

+++++

 

こんにちは、ご機嫌麗しゅう!
ビーツ・アップ 前田 憲です♪

「本番(合奏など、リハも含む)」と「家での練習」はどこが違うのか

それは、

 

自分が人の支えになれるかどうか。

 

この1点につきる。なので、家での練習を「緩い状態」でやっている人は、永遠に上達しない。

本番の「孤独な素っ裸」な精神状態をイメージして、練習すべきだ。

ではその方法とは??

簡単。だが、奥が深い。

 

まず逆を言うと、メトロノームを4分音符/8分音符ばかりで練習している人は、決して上達しない。

1、3拍だけならして練習してみよう。

 

速いテンポの曲は、全音符だけならしてみよう。

もちろん、バラードは4分音符をならしてもオッケー。

長いタイムを、自分のビートでビッチリ埋めれてはじめて、そこからグルーブが生まれると思ってよい。

 

グルーブが生まれるということは、人の支えになっているということなのだ。こうなると、演奏は「自己満足」の域を脱却できる。

 

皆さんの音楽生活が、より豊かになりますように♪

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。