「魔法の手順」パラディドル♪ 速やかにマスターすべし!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラディドルをマスターすることで、ドラム人生は大きく開けます・・・

 

2015-05-20 14:53:46
テーマ:ドラム攻略術!!

 

+++++

 

ごきげん麗しゅう!

ビーツ・アップ 前田 憲です~♪

 

さて私が20歳そこそこ駆け出しの頃、大阪ブルーノートのミッドナイドギグに出演した時のお話。

その時来日していた、ジミー・スミス・カルテットのドラマー、ジェームス・リーバイさんとお話しする機会があり、いろいろと質問していたら、

「じゃあ、パラディドルをやってみろ」

と言われ、やってみた。

すると、

「ノー、それはパラディドルじゃない。」

と言って、お手本を見せてくれました。

その時のパシパシいうスネアの音、そしてメリハリ、前にグイグイ進んでいる感じが忘れられません。とにかく「パシパシ行け!」と、英語でおっしゃってました。

この時の体験は、今の私の音楽に大きく生きています。

 

+++++

 

さて、なにをやるにしても、物事には「ハードル」がありますね。

ダンスならステップ、英語ならスペル。
料理だって「さしすせそ」とかあります。

ピアノや管楽器だったら「運指」、つまり指使いもそう。

ドラムなら、右手と左手の「手順」ですね~

 

これらは、暗記が嫌いな人にとっては苦痛の一つ。

しかし、しっかりやっとかないと、先日うちのスタジオでドラム初体験した「銀シャリ橋本さん」みたいに左右が逆になって、4つでいいところを5つ打ってしまったり。

 

で、ふつう、ドラムの手順って、左右交互って思うじゃないですか。
または2つずつ打つ、ダブルストローク(ザ~~~~ってやつです)。

でもじつは、それ以外にも変なやつがあるんです。

たくさん。

そのなかで「パラディドル」という手順があります。

先ほども申し上げましたように、ふつう、スティックは左右交代にふったり、一振りで2打ずつ音を出したりします。

  • 右 左 右 左(交代・・・シングルストロークという)
  • 右 右 左 左 (2つずつ・・・ダブルストローク)

こんな感じ。

 

ところが、パラディドルは、その中間と言いましょうか、

  • 右 左 右 右 左 右 左 左 

こんな手順で音を出します。

前半2音がシングルで、後半2音がダブルってかんじ。

 

さて、ここでみなさんこう思われたのではないでしょうか?

パラディドルってややこしい手順やなあ・・・そんなもの覚えてメリットはあるのか??

 

そうなんです!

  1. なんのためにあるのか?
  2. 何につかうのか?
  3. マスターして、なんかいいことがあるのか?

これが明確にならないと、取り組む気にならない人も多いんじゃないかと思います。

 

でも実は、パラディドル、必ずやっておきたい「とても重要な」ルーディメンツ。これをマスターしているドラマーは、表現力がたいへん豊かです。

プロドラマーに聞いても「パラディドルは重要」と、皆口を揃えていいます。

 

では、なぜか?

一つづつ見ていきましょう!

 

1、なんのためにあるのか?

もともとはミリタリードラム(マーチ)から発展した手順です。
http://ja.wikipedia.org /wiki/ルーディメンツ

行進する時に、アクセントが左右交代できますので、歩調に合わせやすいです。

フラムやらドラッグ、3連が入っている曲でも、ほんのちょっと、例えば1小節だけ登場したりして、その曲が行進曲であることを印象付けています ね~

そのための存在でもあると、想像できます。

 

2、何につかうのか?

ルーディメンタルドラムはもちろん、ドラムセットにも幅広く応用できるんですね。

  • オカズに使える
  • サンバなどのラテンパターンに、即使える

大抵のドラマーは「タム回しのオカズへ応用」に憧れてパラディドルに取り組みますが、他にもいろんなパターンに使えます。

特に弱音をマスターすると、左手がいいかんじのゴーストになり、グルーブがリッチになります。

オカズに使う場合はいろんなケースがありあますが、私はシングルだけでなく、ダブルパラディドル、そしてパラディドルディドル、サイドトリプレッ トなど、他の手順もも混ぜて使います。

つまるところ、ほとんどの手順は、1つ打ちと2つ打ちが散在しているということなのです。

特に「8ビートから倍テンして16になるまえ」などの、シンコペートされたオカズにはこういう手順がたいへんいいフィーリングではまります。アクセントもつけやすい。

ただし、弱音で叩けるか、ハイスピードで叩けるか、アクセント移動ができるか、その3点が特に重要。

この3つをクリアすれば、オカズがぐっと音楽的になり、芸術性が高まります。

 

3、マスターして、なんかいいことがあるのか?

パラディドルなどを美しく打つことを目標にすると、自然と力量が上がります。ただし、かならず音楽を意識して「うたう」ことが重要。

テクニック的には、

  • 左右のバランスがよくなる
  • 1つ打ち、2つ打ちのチェンジが滑らかになる
  • チェンジアップも上達する
  • 弱音が得意になる

さらに、

  • 他のルーディメンツに転用できる

ざっと挙げるだけでもこれだけのメリットがあります。もっと細かく検証すれば、さたに多大なる恵を貴方にもたらすでしょう。

 

思い返せば、私もパラディドルをマスターするまでは、たいへん不自由だった記憶があります。

パラディドルをマスターすることで、あなたのドラム人生は大きく開けるでしょう。上達を、こころより願ってやみません♪

 

皆さんの音楽生活が、より豊かになりますように♪

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマーのみなさんへ
(少しでも悩みが解決するように)

 

 

皆さんは、ご自分のドラミングに自信を持ってますか?

または、

獲得目標が明確な確固とした練習法をお持ちでしょうか?

 

そして、自分に才能や素質があるのか?

この先、上達するのだろうか?

本当に豊かで、喜びにあふれた音楽人生が送れるのだろうか?

 

そんなあなたの悩みが、少しでも解消しますように。そんな願いを込めて、前田憲からメッセージを書かせていただきました。

以下、ご興味ありましたら是非ともご覧ください!

「ドラマーのみなさんへ」を読む

SNSでもご購読できます。