フットワーク上達をスムーズに!まずすべき練習3点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バスドラム フットワーク いい音

・・・って言う音を出せる人は、「パチン!」もいい音でならせる・・・

 

 

 

2013-10-17 18:05:34
テーマ:上達のためのノウハウ

 

+++++

 

こんにちは、ビーツ・アップ ケン・前田です♪

 

さて、ほとんどの人はバスドラを「踏みつけて」ます。

テクニック関連の情報がネットで氾濫している現在でも!

これって、何が悪いんでしょ?

 

「踏みつける」フットワークしかできない人は、どうなるのか?

 

  • 「バチン!」って言う音しか出せなくなる!

この音はもちろん必要で、クローズドサウンドといいます。でも、ジャズやボサノバをやるときの「のんっ」っていうおいしい音(オープンサウンドといいます。)は出せないんですね~

細かいことを申し上げると、このコラムが「なんのこっちゃ」わからんくなるので、一言で言いますと・・・じつは、

「のんっ」って言う音を出せる人は、「パチン!」もいい音でならせる。

ということなんですね~

繰り返し言いますが、逆の人は存在しません。

 

また、こんな弊害もあります。

  • 常に足が力んでいる。リキんだプレイがデフォルト。

言うまでもなく、力みは大敵。思うタイミングで音が鳴らないのでテンポが取れない、小さい音でプレイできない、いざ大きい音も出なくなる・・・などなど、ええことは一つもありません。

と、言う訳で、以下スムーズな上達に興味のあるかたはぜひごらんください。

フットワークまず最初にやるべきこと

 

フットワークを上達させるには、まず何をすべきか?

何点かにまとめてみましょう。

つまり、

  1. まず、ペダルを購入する
  2. バスドラムにマウントせずに踏んでみる=足慣らし
  3. かかとをつけて練習(ヒールダウン)

それぞれみていきましょう。

 

1. まず、ペダルを購入する

 

書道を始めるのなら、筆を買いにいきますね。
料理なら、包丁と、鍋。

じゃあ、ドラムもしかり。スティックだけでは永遠にフットワークは上達しません。

しかしながら、意外とペダル持っていない人多いです。

で、ペダルは、下に安定板のついた「自立する」ものを購入しましょう。

例えばこんなの
(アフェリエイトはしておりませんのでご安心ください)

いいものを求め出すとキリがないのですが、「最低限」これくらいのクラスを所有しましょう。

 

2. バスドラムにマウントせずに踏んでみる=足慣らし

これを、バスドラにマウントせずに踏んでみて、まずは足を「慣らします」

ここから始めるべきです。なぜならば重要なのは「器具になれる」こと。器具は、あなたに合わせてくれません。あなたからアプローチしないとダメなのです。

このときもちろん、いすとの距離、踏むときの力加減、意識する体の部分、心構えなどなど・・・言い出すときりがないのですが、たくさんすべきことがあります。

ですが、まずは一つだけ、アドバイスさせて頂きます。

 

3. かかとをつけて練習(ヒールダウン)

まずはカカトをつけて、練習してみてください!!ここから、すべてが始まるのです。

このテクニックをマスターしたら、あなたの世界は大きく広がるでしょう。

 

具体的には、このようになります。興味あるかたはぜひごらんください!

 

 

あなたの音楽生活が、ますます充実しますように!

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマーのみなさんへ
(少しでも悩みが解決するように)

 

 

皆さんは、ご自分のドラミングに自信を持ってますか?

または、

獲得目標が明確な確固とした練習法をお持ちでしょうか?

 

そして、自分に才能や素質があるのか?

この先、上達するのだろうか?

本当に豊かで、喜びにあふれた音楽人生が送れるのだろうか?

 

そんなあなたの悩みが、少しでも解消しますように。そんな願いを込めて、前田憲からメッセージを書かせていただきました。

以下、ご興味ありましたら是非ともご覧ください!

「ドラマーのみなさんへ」を読む

SNSでもご購読できます。