いろんな足ダブル打ち。ゲットに必須テク2点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バスドラ テクニック

この2点の両方が上達して、はじめて可能になります。大多数の人にとって、片方は意外・・・

 

 

2013-10-17 21:25:21
テーマ:上達のためのノウハウ

 

+++++

 

こんにちは、ビーツ・アップ ケン・前田です♪

 

バスドラムを「ドドッ!」って、かっこよく2連発できるようになりたいでしょ?

ちょっと早めの8ビートで連発するとき、ドラムソロで足のダブル絡めたり、かっこよくキメたいもんですね。

ところが、大抵のドラマーは大音量のバンド環境でプレイしてますので、「小音量」「ハイスピード」でダブル打ったりせなあかんケースには対応不可能だったりしますね。

 

たとえばラテンだったら「サンバ」のパターン。

他のコラムでも書いてますが、ドラマーは小音量でもノリノリにグルーブできるかどうかで、価値が決まってきます。

サンバキックをアンプ無しのピアノとベースというアコースティックバンドで平気な顔してできるか?

もし「できるようになりたい!」と思うのなら、「小音量」「オープンサウンド」のダブル打ちの会得は必須です。

 

そのためには、ぜひベーシックな練習が必要なんですが、そのまえにまずは、どんなダブル打ちがあるのかを、ざっと見ていきましょう。

 

 

そのダブル打ち。何種類か奏法がありますので、ご紹介いたします。

 

  1. スライド
  2. アップダウン
  3. ダウンダウン
  4. ダウンアップ

 

1スライド

これは、ペダルの踏み板を、手前からバスドラの方に素早くすべらせて、そのときの摩擦でドドットならすテクニックです。

2打とも、クローズでラウドな音になるので、ヘヴィーな音楽で使います。

ペダルとの「圧」がポイント。つま先に力が入りすぎないようにしてくださいね。

 

2アップダウン

ヒールダウンを強めにやると、カカトが浮きます。そのまま放っとくと足が落下して、もう1個音がなります。

2打ともオープンな音が出せます。或る程度スピードも出せるので、ぜひマスターしたいテクニックですね。

 

3ダウンダウン

ヒールアップを2段階に分けて落とします。

つま先の加減で、オープンもクローズもできます。スピードも出せますが、力みやすいのが難点。十分に脱力を心がけてくださいね~

 

4ダウンアップ

3のダウンダウンの2回目のダウンをアップにしてしまったものです。
この時の膝は、かるく円運動や曲線運動のイメージで動かすとやりやすいです。

 

いかがでしたか?

おそらく「ヒールダウン」が沢山出てきてるなあ〜って思われたのではないでしょうか?

じつは・・・

 

 

これらの技術は、ヒールダウンとヒールアップの両方が上達して、はじめて可能になります。

ヒールアップは、みなさん普段から使っている踏み方。

しかしながら、ヒールダウンで足首を柔軟にペダルに対応させるフットワークは、さほど取り組んでいらっしゃいません。

ヒールダウンを練習すれば、実はヒールアップのレベル、クオリティも上がります。なぜならば、足の裏がペダルに対応する感覚が身につくからです。

つまり、どんなドラマーにもヒールダウンは必須。

そして柔軟なでオープンサウンドもだせるヒールアップ。

この2つのテクで、ダブル打ちの可能性は大いに広がります♪

 

焦らずに、取り組んでみてください!

 

 

皆さんの音楽生活が、より豊かになりますように。

ビーツ・アップ 前田 憲

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマーのみなさんへ
(少しでも悩みが解決するように)

 

 

皆さんは、ご自分のドラミングに自信を持ってますか?

または、

獲得目標が明確な確固とした練習法をお持ちでしょうか?

 

そして、自分に才能や素質があるのか?

この先、上達するのだろうか?

本当に豊かで、喜びにあふれた音楽人生が送れるのだろうか?

 

そんなあなたの悩みが、少しでも解消しますように。そんな願いを込めて、前田憲からメッセージを書かせていただきました。

以下、ご興味ありましたら是非ともご覧ください!

「ドラマーのみなさんへ」を読む

SNSでもご購読できます。