ドラムが「足腰によい」理由。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高下駄 ボディバランス

結局これって、足首とか含めて「足関節の柔らかさ」が重要って事・・・

 

 

+++++

 

こんにちは。ご機嫌麗しゅう!
ビーツ・アップ 前田 憲です♪

 

さて私は、2014年の6月下旬から「1本歯の高下駄」で悪天候や仕事がハードな日以外(3日に2日ほどのペースで)1日30~60分歩いています。

おかげさまで皆さんからは「よおやるわ」といわれます。

「歩けるようになるまでどれくらいかかった?」

とも聞かれますが、はいた瞬間から歩けましたと答えると、びっくりされます。

おそらく私が「ドラムをやっている」のも、すぐにできた理由なのでは、と思います。

 

+++++

 

ドラムは、フットワークも使って音楽します。

つまり「足芸」ですね。

たとえばバスドラム(普通は右足担当)が「ドドッ」って決まったらカッコいいですね。

また、ジャズなんかでハイハット(左足:2枚重ねシンバル)が「チッ!」といい位置にきたら思わずイエ~イっうなってしまいます。

こんなふうに「カッチョいい音符」出すのには、一体どうしたらいいんでしょう?

いくつかあげてみます♪

  • リラックスしていること
  • いいイメージができていること
  • 楽器をコントロールできていること

などなど。

まあ他にも細かくいろいろあるのですが、まずは大雑把にこんな感じ。
上達したい方は、こんなところから入っていくと、とてもスムーズ。かつストレスが軽減されます。

たとえば、いくらいいイメージが出来ていても、リラックスして楽器がコントロールできないと、思い通りの音を聞かせることは出来ません。

なのでイメージも重要ですが、同時に「コントロール」の訓練も大切なのです。

 

+++++

 

ちなみに私は「修行」とかが大好きなので、足を「宇宙一スムーズに」コントロール出来るようになるのが目標です。

ゆくゆくはペダルに触れずに、2メートルくらい離れたところからドラムを操る・・・みたいな野望もあるのですが、それは今日は置いときます。

で、足って・・・普段おもに「歩く」のが仕事。後は、急いでいるとき「冷蔵庫の野菜室を足で閉める」とか・・・そんなくらいでしょうか。

車の運転される方は「ペダル」踏みますが、ドラムのペダルとはちと違います。

なにがちがうかというとですね、

はね返ってくる

んですね。ペダルが。

つまり、バスドラムをヒットする、直径5センチくらいの堅いフェルト製のボールに棒がついていて、(「ビーター」といいます)それがペダル踏むと動くようになっているのですが、当然ドラムの皮にあたったらはね返ってきますので、ペダルも反発します。

で、そのはね返りっていうのが、想像以上にすごいパワーで、これをうまいこといなせないと、足も脚も、たちまち「リキんで」しまうんです。

逆に、いなせると、はね返ってきた「ビーター」の力を再利用して、もう一発音を出せたりするんです。

結局これって、足首とか含めて「足関節の柔らかさ」が重要って事なんですね。

 

+++++

 

話が「1本歯下駄」に戻りますが、先日も友人から、

それってどんな効果あるん?

って聞かれました。そこで僕は「うん。歩くのが上手になった。」と答えてあきれ果てられましたが・・・でも実際、ホントなんです!!

例えば私は、「カラダを左にねじるクセ」があって(かつて、Tシャツが歪むくらいひどいときがあった)、右骨盤が前に出ようとするのですが、これが改善されました。おかげで右足の冷えもなくなりました。

そして、普通に靴で歩いている時は、たいてい、かかとを地面につけず、つま先だけで歩いています。

カラダのゆがみが取れて、足首や指が柔らかになったから、こんなふうになったのだと思います。

 

+++++

 

私の場合、高下駄とドラムが大変いい相乗効果で、両者とも進化/深化していってます。

とにかく脚は、「根こそぎ柔らかく使う」のがポイント。

そのために結局、カラダの軸とか中心は、気合いが入ってますます充実します。

下っ腹が鍛えられ、体幹がしっかりしてくるっていうところでしょうか。

 

皆さんが、ますます健康で美しく、若々しくいられますように・・・

ビーツ・アップ 前田 憲

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。