5〜7歳児のドラム。こんな風に練習すれば伸びます(もちろん大人も)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男のお子様をがいらっしゃるご両親。

「息子に音楽をさせたいのですが、ピアノやグループレッスンは嫌がります・・・ですが、ドラムならやりたいと目を輝かせます。」

こんなご相談を受けて、お子様にドラムレッスンさせていただくこと多いです。

ところで・・・

ピアノやグループレッスン、なぜ嫌がる男の子多いのか?

ピアノはほぼ「万能」な楽器です。

ソロもできますし、伴奏もできます。リズムも出ます。

クラシックもモダンミュージックも、身につける方法が確立させています。なので、作曲や編曲の道へも進めます。もちろん、先生もできます。

ピアノ(またはエレクトーンなど電子オルガン)をしっかり取り組んできた人は、他の楽器もすんなりマスターできたりします。

いいことづくめです。

ですが、上達は大変。グループレッスンもやんちゃざかりの男の子は「はずかしい」など、我慢ができないケースが多いかもしれません。

 

では、ドラムがとっつきやすいのはなぜでしょう?

ドラムもピアノと同じく「型を覚える」という作業がいりますが、ドレミがない分、形になるのは早いです。

できそう〜な気が、断然するんですね。

そして、ドラムに興味があるお子様なら、先生とご両親の持って行き方次第で「抵抗なく練習でき、レッスンを受けれる」人になれます。

そうなると、あとは「健全な上達」が待っていますので、お子様の音楽人生も豊かになるでしょう。

というか、「芸術」に楽しく取り組める人なんて、本当にごく一部です。それはプロアマ問わず。なので、人生そのものが、他の人に比べて圧倒的に優雅になるのです。

なので、ピアノを嫌がっているお子様には、ぜひ一度、ドラムを体験させてあげてください。

 

5〜7歳児のドラム。こんな風に練習すれば伸びます。

さて、こんなに楽しいドラムですが、やはりドレミがない分「単調」になりがちです。

 

同じことをず〜っとしていても平気っていう人はなかなかいません。ましてや子供・・・なおさらだニャー

パラダイスキャットなので、ドラムの練習やレッスンが、苦痛にならないよう工夫が必要なんですね〜

まえだけんドラムはどんな工夫してるのかニャ?

 

は〜い、申し上げます!

例えば、僕のレッスンでしたら、お手本を叩いたあとに、わざと

「いまのと違うのするから、まちがいさがししよっか〜?」

わかるかな〜?

などと挑発すると、子供はノッてきます。そして、ものすごく注意して聞きます。聴く力が、断然育ちます。

 

あと、何かの題材を叩けるようになったら、

「じゃあ、3回できたらオッケーね。できるかな〜??」

なんて言ってあげると、燃えます。

 

いずれもできたあとに、譜面を書いて見せます。そして、一緒にフレーズを歌います。気分良くできたりしたら、元気いっぱい歌ってくれます。

その時に譜面を見ながらだと、より音楽力が身につきます。

このように、音楽を身につける要素を「楽しく」、そしてタイミング良く体験してもらうことで、よりレッスンが効果的に活きてまいります。

恥ずかしげもなくガンガン楽しみに向かう、そんな微笑ましさは、子供に軍配が上がりますね。

実は大人も、これと同じことを根気良くやれば、音楽力はみるみる身につきますし、実際ビーツ・アップ音楽教室ではやっています。

が・・・一般的に、取り組める人はごく一部かなと思います。

 

ご参考になれば幸いです!

 

ビーツ・アップ 前田 憲

美しい音色、あらゆるジャンルのコツ
おいしい練習方法をゲットして
「上達!」
ドラムの醍醐味を満喫しよう♪

 

 

ドラマーが音楽で幸せになる方法、実はいたってシンプル!

ビーツ・アップ ドラム教室は、こんなあたなにピッタリ♪

・スムーズにプレイできなくてお悩みの方
・ルーディメントをちゃんと勉強したい方
・ジャズやラテン、ポピュラーのセッションをやってみたい方
・いい環境でバンドをやる機会がなかなか見つからない方
・安いドラム教室では「内容が不安」という方
・時間や曜日を固定したくない方
・好きだからこそ、ちゃんと取組みたいと熱望している方。

 

たとえばこんなメリットが・・・!


・ストロークの高効率化で、究極のリラックスプレイをあなたに。
・あらゆるジャンル/ワールドビートの「具体的コツ」がわかる♪
・センシティブ・ルーディメントで、美しい音色をゲット!
・上達したら、即セッション。ジャズフェスにも出演できる♪
・ドラム上達の全貌が明らかに!プロへの道も夢ではない!


 

ドラム教室、詳しくはこちらをどうぞ!

SNSでもご購読できます。