ウオームアップ、基礎テクのレッスン。「音楽」へ膨らます先生の力量とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
楽器が歌う

ウオームアップ、基礎テクのレッスン。

私のレッスンではよほどのことがない限り必ずやります。

長年習ってらっしゃる生徒さんでも、マメにチェックします。

さてところで・・・

ウオームアップはやらなくていい??

という説もちらほら。

しかしわたくしは、一とおり経験して、それから状況に応じて日々、内容や多少の差をつければいいのではないかと思います。

さて、ドラムで音楽するためには、

テクニックを身につけることが重要。

そして、テクニックといっても、捉え方はひとそれぞれ。

例えばあるドラマーは「高速 大音量」または「タイムの正確さ」までしか捉えていない。

対して、別のドラマーは「繊細 強弱 音色の多彩さ タイムの緩急 タイトルーズ それらの自在さ・・・」などなど。

話せばきりがなく次々と要素が飛び出してきたりします。

 

どちらが豊かかは一目瞭然。

ですね。

音楽ができてくると、タイムを乱さず、自在にいろんな表情の音符を奏でることができます。

これを、きちんとコントロールできているかをセルフチェックするのが、ウオームアップ、基礎テクの練習。

そして最終目標は、アンサンブル、ソロ問わず

「曲を仕上げる、発表する」ことなんですね。

 

しかしながら「曲」には、制約が沢山あります。

なので、まずは制約抜きにして、アウトプットを思い通りコントロールできているか? このチェックは大変効果的です。

つまり

  • 今の実力でストレスなくタイムが取れている
  • アーティキュレーションを、ほぼコントロールできている
  • フィジカルが安定している

などなど・・・

これらが納得いく状態ですと、プレイが安心してでき、いい音楽をできる素地、そして確率が高くなります。

プロではないアマチュアの生徒さんには、「こんだけやっときゃいいじゃないの?」という雑な方から「完璧でないと次へ進むのイヤ」という非現実的な方まで、沢山いらっしゃいます。

 

面白いことに、その中間が滅多にいない。特に男子。

いい演奏をするには、そしていい演奏家になるには、まずやるべきことの全貌を把握していることが重要。なので、練習は大変神経質になり、不安との戦いになります。ですが、上達すると練習ノウハウも上達しますので、楽しいことの方が多くなります。

思い通りに音が出るし、アウトプットも素敵〜♪ なんて、楽しいに決まってるじゃないですか!

そして、いざ本番では、そんなものんすっかり忘れて(もちろん、曲の運びとか、どんなパターンを展開するかなどは気をつけます)、今の実力でどう音楽して盛り上げるかに注力する。

ここんところは、人前での演奏(ギャラもらってやってるとなおよい)をすることでよ〜く分かります。もちろん、シビアなプロ同士で共演するとなおよい。

ですが、そうではない先生は、上達するため、そしていい演奏するための「今の時点でのプライオリティ」つまり優先順位をご存じないので、アドバイスもとぼけたことになりがちです。

皆さんも是非、いいアドバイスを生徒さんにしてあげれるようにしましょう。

日々演奏で切磋琢磨し、自分の練習を通じて、生徒さんにひとつでもフィードバックできるよう、日々音楽に取り組んでくださいね。

応援してます!

 

ビーツ・アップ 前田 憲

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。