武術とドラムの共通点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武術とドラムの関係とは?

音楽する時間を忘れて奏法ばかり追いかけるのは、単なる「中毒」・・・

 

 

2013-09-05 10:37:02
テーマ:ドラム攻略術!!

 

+++++

 

こんにちは、ご機嫌麗しゅう!
ビーツ・アップ 前田 憲です♪

 

 

ドラムには、いろんな奏法がある。

握り方も、いろいろある。

そして、ドラム歴が長くなると「奏法」が気になって仕方なくなる。

かくいう僕も、かつてこの「奏法」とやらにハマって・・・困った!

なぜ困るのか??

奏法ばっかり研究していると、音楽する時間がなくなってしまうから。

賢明な読者のみなさんは、まずここに気づくべきである。

 

*****

 

という訳で、上達は「時間との戦い」

音楽する時間を忘れて奏法ばかり追いかけるのは、単なる「中毒」

なので私の教室では、主に「2つだけ」やりましょう~とおすすめしている。

  • グラッドストーン(主に指と手首を使った奏法)
  • ]モーラー(肩~腕全体、ときには体幹までも使う奏法)

この2つは、数ある奏法の中で「最も代表的」な奏法。

これらをマメに(もちろんどっぷり浸からなくていい)やっていれば、スティッキングの何たるかが徐々に分ってくるのです。

で、どんな奏法も、例えば「手首だけでたたく」とかはない。

棒を持って振る訳なので、手首、ひじなど、全体が連動している。

この連動の中で、最もピンとこないのが「指」と「肩」なんですね~

大体殆どの人が、手首とひじはまあ動くけど、指がついていかん、肩がリキむ・・・といった感じになります。

なので、指だけの練習、肩のリラックス、重要。僕の教室では、絶えず「啓発」しています。

 

*****

 

さて、モーラーですが、このストロークを初めて見たとき、僕は、

「剣を抜くや否や、切る」

つまり居合いに似ているなあ~って思ったものです。

至近距離の敵に、短剣を突きつけられて、自分の刀はまださやの中。

でも名人は、抜くと共に刀を翻し、敵を斬ってしまう。

そんな感じ。

これをスティックでやってみるとどうなるか?

スティックが下に向いた状態で振り上げ、一瞬で反転したときには、すでに音が鳴っている。
(起点はスネアの中心にしてくださいね)

これぞ、モーラーの醍醐味。

その時の、肩、ひじ、前腕部、すべて回転しています。

これを会得するのは、そんなにむつかしい訳ではない。

いいDVDもでているし、ネットで調べれば、いくらでも情報は氾濫している。もちろん僕も普通にレッスンして、生徒さんはみんなひととおりマスターしている。

問題は、先程も申しあげましたように、そのテクニックを「どう音楽につかうのか?」ですね。

  • テクニックをゲットして「やった~♪これでオレ上手や」と、ゴールにしてしまう人。
  • 「このテクニックは、音楽のどの局面に使うのだろう?」と、スタートとしてとらえる人。

皆さんは、どちらがカッコいいと思いますか?

いうまでもないですね!

 

皆さんの音楽生活が、より豊かになりますように♪

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラマーのみなさんへ
(少しでも悩みが解決するように)

 

 

皆さんは、ご自分のドラミングに自信を持ってますか?

または、

獲得目標が明確な確固とした練習法をお持ちでしょうか?

 

そして、自分に才能や素質があるのか?

この先、上達するのだろうか?

本当に豊かで、喜びにあふれた音楽人生が送れるのだろうか?

 

そんなあなたの悩みが、少しでも解消しますように。そんな願いを込めて、前田憲からメッセージを書かせていただきました。

以下、ご興味ありましたら是非ともご覧ください!

「ドラマーのみなさんへ」を読む

SNSでもご購読できます。

コメント

Comments are closed.