いろんな足ダブル打ち。ゲットに必須テク2点とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
バスドラ テクニック

この2点の両方が上達して、はじめて可能になります。大多数の人にとって、片方は意外・・・

 

 

2013-10-17 21:25:21
テーマ:上達のためのノウハウ

 

+++++

 

こんにちは、ビーツ・アップ ケン・前田です♪

 

バスドラムを「ドドッ!」って、かっこよく2連発できるようになりたいでしょ?

ちょっと早めの8ビートで連発するとき、ドラムソロで足のダブル絡めたり、かっこよくキメたいもんですね。

ところが、大抵のドラマーは大音量のバンド環境でプレイしてますので、「小音量」「ハイスピード」でダブル打ったりせなあかんケースには対応不可能だったりしますね。

 

たとえばラテンだったら「サンバ」のパターン。

他のコラムでも書いてますが、ドラマーは小音量でもノリノリにグルーブできるかどうかで、価値が決まってきます。

サンバキックをアンプ無しのピアノとベースというアコースティックバンドで平気な顔してできるか?

もし「できるようになりたい!」と思うのなら、「小音量」「オープンサウンド」のダブル打ちの会得は必須です。

 

そのためには、ぜひベーシックな練習が必要なんですが、そのまえにまずは、どんなダブル打ちがあるのかを、ざっと見ていきましょう。

 

 

そのダブル打ち。何種類か奏法がありますので、ご紹介いたします。

 

  1. スライド
  2. アップダウン
  3. ダウンダウン
  4. ダウンアップ

 

1スライド

これは、ペダルの踏み板を、手前からバスドラの方に素早くすべらせて、そのときの摩擦でドドットならすテクニックです。

2打とも、クローズでラウドな音になるので、ヘヴィーな音楽で使います。

ペダルとの「圧」がポイント。つま先に力が入りすぎないようにしてくださいね。

 

2アップダウン

ヒールダウンを強めにやると、カカトが浮きます。そのまま放っとくと足が落下して、もう1個音がなります。

2打ともオープンな音が出せます。或る程度スピードも出せるので、ぜひマスターしたいテクニックですね。

 

3ダウンダウン

ヒールアップを2段階に分けて落とします。

つま先の加減で、オープンもクローズもできます。スピードも出せますが、力みやすいのが難点。十分に脱力を心がけてくださいね~

 

4ダウンアップ

3のダウンダウンの2回目のダウンをアップにしてしまったものです。
この時の膝は、かるく円運動や曲線運動のイメージで動かすとやりやすいです。

 

いかがでしたか?

おそらく「ヒールダウン」が沢山出てきてるなあ〜って思われたのではないでしょうか?

じつは・・・

 

 

これらの技術は、ヒールダウンとヒールアップの両方が上達して、はじめて可能になります。

ヒールアップは、みなさん普段から使っている踏み方。

しかしながら、ヒールダウンで足首を柔軟にペダルに対応させるフットワークは、さほど取り組んでいらっしゃいません。

ヒールダウンを練習すれば、実はヒールアップのレベル、クオリティも上がります。なぜならば、足の裏がペダルに対応する感覚が身につくからです。

つまり、どんなドラマーにもヒールダウンは必須。

そして柔軟なでオープンサウンドもだせるヒールアップ。

この2つのテクで、ダブル打ちの可能性は大いに広がります♪

 

焦らずに、取り組んでみてください!

 

 

皆さんの音楽生活が、より豊かになりますように。

ビーツ・アップ 前田 憲

 

おすすめ記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美しい音色、あらゆるジャンルのコツ
おいしい練習方法をゲットして
「上達!」
ドラムの醍醐味を満喫しよう♪

 

 

ドラマーが音楽で幸せになる方法、実はいたってシンプル!


drumschool_IMG_1617maru

 

ビーツ・アップドラム教室は、こんなあたなにピッタリ♪


・スムーズにプレイできなくてお悩みの方
・ルーディメントをちゃんと勉強したい方
・ジャズやラテン、ポピュラーのセッションをやってみたい方
・いい環境でバンドをやる機会がなかなか見つからない方
・安いドラム教室では「内容が不安」という方
・時間や曜日を固定したくない方
・好きだからこそ、ちゃんと取組みたいと熱望している方。

IMG_2186ドラム

たとえばこんなメリットが・・・!


・ストロークの高効率化で、究極のリラックスプレイをあなたに。
・あらゆるジャンル/ワールドビートの「具体的コツ」がわかる♪
・センシティブ・ルーディメントで、美しい音色をゲット!
・上達したら、即セッション。ジャズフェスにも出演できる♪
・ドラム上達の全貌が明らかに!プロへの道も夢ではない!


 

講師 前田 憲(まえだ けん)



生徒さんが上達する瞬間を、逃しません。


一流ミュージシャンと数多く共演、責任の大きなイベントも数多く担当。なによりも「演奏する事が大好き」な、修羅場をくぐり抜けてきたプロフェッショナル。 そして教える事も大好き。

 

常にベストな提案。全力で取り組みます。


「演奏家」にしかできないそのアドヴァイスは無駄がなく、生徒さんの状況に合わせ、最も効果的な「解決策/練習法」を提供できます。皆さんの上達こそが、大きな歓びです。

casshat_07_w500

 

あなたにはあなたの「上達!」がある。


のんびり上達したい方も、プロ目指す方も。一人でこっそり基礎練したい方も、バンドをやりたい人も。
「何か違う」と悩んでいる感性鋭いベテラン、どうせやるなら「最初からきちっと」やりたい初心者の方も ・・・

 

勘どころを習えば、上達がスムーズ!


今のあなたベストフィットな取り組みを一緒にさがして、楽しく練習しましょう。そうすれば「楽しい上達!」が、あなたを待っています。

 

各コース、お月謝、ワンポイントアドバイス、講師紹介など



ドラム教室
さらに詳しく

上達!スタッフ紹介



☆パラダイスキャット

パラダイスキャット大

まえだけんドラムの代わりにブログの進行したり、ライブ案内するのが任務。本人は楽器をたしなまないが、大変耳が良い。



☆堀リズムちゃん

堀リズムちゃん大

ピアニスト。ジャズだけでなくポップス・ラテン・クラシックも演奏し、造詣が深い。アレンジ・作曲、そしてお掃除も得意・・・と、なんだか誰かにそっくり。



☆上達也くん

上-達也クン

上達を熱望するドラマー。だが、なかなか思うように上手くならないのでいつも悩んでいる。ここだけの話だが、大昔のまえだけんドラムはこんな風に苦しんでいたのだった!