手足をバラバラに動かすために知っておくべき根本原則とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_2186drums_cutout_small

わたくしもドラム始めたてのころ、もちろん下手くそでしたので、よくおててが足につられたりして、バラバラに動きませんでした。

また、同時に鳴らそうとしても、揃わなかったりもしてました。

デタラメと「別々のリズム」、一体何が違うのでしょう?

以下、ご興味ありましたら是非ごらんください!

 

 

 

 

こんにちは、ごきげん麗しゅう!
ビーツ・アップ 前田 憲です。

さて、この記事を書いているのは6月後半。
次第に暑くなってきました。

その反面、気温が上がると、

普段よりは体がゆるんできて「脱力できてます!」

大いにリラックスしましょ~

 

パラダイスキャット反対に、冬に向かって体は硬くなりがち・・・

ほぐす時間を、是非とも作るニャー

 

 

+++++

 

さて私は、こんな質問を今までにたくさん受けました。

それは・・・

 

「よくそんな、両手両足バラバラに動きますね!!」

です。

ただ、

「ありがとうございます。でも、僕の生徒さん、すぐに両手両足バラバラに動くようになりますよ~」

ってお答えしたら、「えええええ~~~!!」と、びっくりされます。

 

+++++

 

ひとが出来ないことできるって、ちょっと憧れますね。

しかも、両手両足バラバラってなんか、脳にも良さそうだし・・・

なので、みんなそのあと必ず質問されます。

 

「どうやったらそんな風にバラバラになれるんですか?」

もともとの才能でしょ? などど、あきらめる方が多いのですが、そんなことないのです。

繰り返し言いますが、私の生徒さんは、

下は5歳のボク、上は72歳のレディーまで

みんなロックの簡単なパターンくらいなら、割とすぐに叩けてしまいます。

では、どうやったら、手足をバラバラに動かすことができるようになるんでしょ?

 

 

 

そのまえに「手足をバラバラにうごかす」っていう言い方。

ちょっと誤解を招きそう。なので、少し言い換えてみたいと思います。

 

 

「手足を独立させて、別のリズムをたたく」

こういった方が、より正しく理解できると思います。

バラバラにうごかすのなら、男児にスティックを与えたら、てんでデタラメにドラムを「しばき」まくったりしますので、誰でもできます。これは単なるバッラバラです。

一方、ピアノをちゃんと弾ける人。右手と左手、全く違うこと弾いてます。でも曲になっている。これ「別々のリズム」とも言えます。

 

ではデタラメと「別々のリズム」、一体何が違うのか?

それは

「調和しているかどうか」

なんですね。

 

 

 

では、「調和している OR していない」この差は一体どこにあるのか?

例えば、右手と左手で、違うリズムを叩いて「調和」させるとします。

そのときに、なんの規則性もなく、別々に違うリズムを叩いたら、それはデタラメのバッラバラ。

デタラメでなく「様式」を持たせるのがアンサンブルの基本です。

ではその様式の要とは一体何か?

それは、同時に音がなる瞬間なのです。

同時があるからこそ、バラけている時間が生きていくる。

同時~ばらけ~同時~ばらけ

音楽はほぼこの繰り返し。

時間配分や、回数が違うだけなのです。

 

往往にしてみなさんは、「別々に動かす」ほうに神経が行きがち。

ですが、楽器は同時に音を鳴らすほうが大変だし、むしろ重要なのです。

ここを理解して、クリアしている人は、大変演奏も綺麗です。

ばらけている時間も活きてきますので、何をやっているのかがよくわかる。

そしてさらに、そういう人どおしがバンドを組むと、息ピッタリのいいアンサンブルを生み出せます。

 

パラダイスキャット両手両足が独立して動くって、結局そういうことだったんだニャー

だって、オーケストラとか特に、音が揃っているからこそ気持ちいいんだもん。う〜ん、ニャットク。

 

さて、僕が考える、最も簡単な「バラバラで調和している」練習方法はこれです。

「左手で2回叩いてる間に、右手3回叩く。」

楽器に親しんでいる方は、おそらく少し考えたらできると思います。

この際注意すべきポイントは「両方とも均等に」ということ。

つまり、左手はイーブンの8分音符、右手は3連符。

8分がたーた たーた と跳ねたり、 3連がたーたた たーたた と16分音符になったりしないように。ってこと。

つまり、「左手で2回叩いてる間に、右手3回叩く。」ということは、その1サイクルの時間を、左手は二等分、右手は三等分しないといけないという こと。きっちりね。

二等分と三等分なので、お手手が同時に鳴るのは、この1サイクルの間、1回だけ。
他の手拍子は、全部ずれています。

こんなかんじ

左<2> たん    たん    たん    たん
右<3> とん  とん  とん  とん  とん  とん

2サイクルかきました。

で、こういうのを見ると、ついつい「平行して2つの作業かあ・・・」って、降参してしまう人が多いです。

しかし実は、人間の脳って「1つのことしかできない」ようになっています。

じゃあ、一体どうやって、2つのリズムを同時に奏でる?

それはつまり、「1つのものとしてとらえる」ということなのですね。

先ほどの2と3をまえから順番に並べると

同時1つ ー ばらけ3つ右左右

という順番になってます。

つまり、左右2ウエイと思わず、
両方一緒くたにしてまえから順番にやっていくと、案外簡単にできるのです。

バ ン タ ト タ ン


バ で両手同時
タ で右手
ト で左手

本当にこれだけ。

あとは、タイムを落ち着いて感じていればオッケー。

いっぺん、トライしてみてください♪

 

このお話の続編はこちらです
http://beats-up.academy.jp/blog/entry-11385118030-html/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上達!スタッフ紹介



☆パラダイスキャット

パラダイスキャット大

まえだけんドラムの代わりにブログの進行したり、ライブ案内するのが任務。本人は楽器をたしなまないが、大変耳が良い。



☆堀リズムちゃん

堀リズムちゃん大

ピアニスト。ジャズだけでなくポップス・ラテン・クラシックも演奏し、造詣が深い。アレンジ・作曲、そしてお掃除も得意・・・と、なんだか誰かにそっくり。



☆上達也くん

上-達也クン

上達を熱望するドラマー。だが、なかなか思うように上手くならないのでいつも悩んでいる。ここだけの話だが、大昔のまえだけんドラムはこんな風に苦しんでいたのだった!



コメント

Comments are closed.