ピアノ、エレクトーン経験者。ドラム上達がはやい理由と、そのすばらしい効果。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビーツ・アップ音楽教室には、ピアノ習ってて「ドラムもレッスン受けている」って方、何人かいらしゃいます。

パラダイスキャットみんな、ドラムも楽しく上達しているな♪

ピアノにも、いい影響あるのかニャー?

 

 

こんにちは。ご機嫌麗しゅう!
ビーツ・アップ 前田 憲です♪

現在私は、ピアノ、エレクトーンを経験された方を何人かレッスンさせていただいております。

結論からいいますと、やはり「上達がはやい」です。

なんでかニャ?

あ・・・スンマセンつい・・・

 

一体、なぜなんでしょう?

聡明な読者のあなたなら、大方予想がつくと思いますが、

  1. 譜面を抵抗なく読める
  2. 子供の頃に音楽の稽古をつけられているので「レッスンなれ」している。
  3. 右手と左手で、同時に別の作業ができる(エレクトーン奏者は足も)。ペダルにも慣れている。

他にもありますが、主な理由はこのあたりでしょう。

以下、ご興味ありましたら是非ご高覧下さい!

 

ピアノ、エレクトーン経験者、ドラムの上達が早いその理由とは?

 

1.譜面を抵抗なく読める

 

パラダイスキャットこれがいかに「貴重なスキル」か、結構ピアノ、エレクトーン経験者にはピンとこなかったりします。

身についてしまっているから、当たり前の感覚になっているんですね〜

 

楽譜見たら自然とリズムやメロディーが、鼻歌で歌えるくらい簡単に浮かんでくるでしょう。そうでなくても、リズムくらいはすらっと言えたりします。

ところが経験者でない方は、こんな感じです。

  • 読めない
  • 頑張ったら読めるが、楽譜をみながら演奏は厳しい

などなど・・・これが標準なのです。

なので、譜面に慣れ親しんでいる、これがいかに有利か。どうか噛み締めてくださいね。

 

2.子供の頃に音楽の稽古をつけられているので「レッスンなれ」している。

泣きながら「怖い先生のレッスンに通った経験」あるかたもいらっしゃると思います。しかしながらそこでは、音楽を成立させるための「枠組み」や「型」を、体で覚えていく作業をしていたんですね〜

学校の勉強に例えると、「九九」をもし覚えていなかったら、そのあとの算数なんて、ちんぷんかんぷんナンノコッチャになるのは明白です。

皆さんは、その「九九」みたいなものを、いやピアノの場合はそれ以上の「文章題をといてしまえる」くらいの型を忍耐力で身につけてこられたのです。

なので、レッスンで「型」を習うときに、少々わけのわからないものが出てきても「はい」って言いながら挑戦できるんですね。

子供の頃から音楽を経験していない人は、「型」を身につけるのに大変苦労します。もっとひどい人になると「なんでそんなことせなあかんねん(俺様が)」みたいなオーラ出して、結局身につかないってひともいらっしゃったりします。

 

3. 右手と左手で、同時に別の作業ができる(エレクトーン奏者は足も)。ペダルにも慣れている。

ピアノ経験者にとっては当たり前の話なんですが、そうでない人から見たらやはり「右手と左手を独立して動かせる」のは憧れの的なんです。

みなさんなら、曲を練習する時に、「まずは右手を弾けるようにして、そして左手を同様に」それぞれきちんとしてから、両手で合わせてみるでしょう?こんなの普通のお話。

そうしないと、ぐちゃぐちゃになって、縦の線が揃わんプレイになったりします。

この感覚でドラムに取り組んだら、少なくともお手手の独立はクリアできます。

 

あとは足ですね。

これも、別個に練習して、合わせてみればいいのです。

それぞれのパートが「何を演奏するのか」を、身体が理解していると、あとはスローモーションで合わせていけば大抵のパターンやおかずはクリアできます。

なんせ、スローモーションできるのは、「タイム、それも休符をしっかり歌って」というのがクリアできてる証拠。

この感覚がないとドラムの上達は大変厳しいですが、ピアノ経験者にはあるんですね〜

ここが大変有利な点です。

 

ピアニストなど鍵盤奏者がドラムをやると、どんな効果があるのか?

たくさんあるのですが、解りやすいものを3点ご紹介いたします。

  1. リズムが良くなる。
  2. フットワークの練習をすることで、身体の重心が安定。腕も軽やかになる。
  3. ピアノでやる曲を「リズムからアプローチ」することで、曲の構造がわかり、演奏がますます面白くなる。

ビート感、グルーブのコツ、そして手足を大きく動かすことで「脱力の感覚」がつかめるなど、結構いいことばっかりあるのです。

 

1. リズムが良くなる。

当たり前の話ですが、ドラムは「リズムだけで音楽を作る」ことを課せられています。

ここにチャレンジすることに、とっても大きな意味があるんですね〜

ピアノの譜面をみて「さっと」弾けるだけでも大したものなのですが、どうしてもピアニストは「音は合っているけどリズムが生き生きしていない」ってなりがちです。

たとえば、生徒さんに「ドラムソロ」をやっていただくとよくわかるのですが、たいてい皆さんびっくりされます。

あまりの恥ずかしさに!!

何がって、演奏にドレミやハーモニーがない(そういう感じ、はもちろんあるのですが)っていうのが、どれだけ「さむ〜」いか、体感することになるからなのです。

じゃあ、いったいどうやってプロドラマーたちは、この「ドレミやハーモニーがない」楽器で音楽を成立させているんでしょ?

それは、テヌートスタカートであったり、ダイナミクスであったり、すなわち「アーティキュレーション」です。

ここの部分がどうしてもピアノの場合、譜面を間違えなく弾けてしまうとそれで満足してしまいがち。

ところがドラムの場合は、「かなり計画的」かつ「大げさ」にアーティキュレーションをアウトプットしないと、音楽として成立しないんです。

また、他の楽器以上に「呼吸感」が要求されるのもドラムの特徴。

なので、ピアニストがドラムをやってみると、「アーティキュレーション」「呼吸感」を、強く意識できるようになります。

このスキルは、あなたの音楽をもっともっと豊かにするのです。

 

2. フットワークの練習をすることで、身体の重心が安定。腕も軽やかになる。

足は、寝ていたり、お風呂時以外のほとんどの場合「リキんで」います。

なぜなら、「立つ」「歩く」っていう作業。実はものすご〜い高度なのです。

しかも、重労働なのです。

足の支えがないとできないんですね。

他の関節よりも、股関節、ひざ、足首には、「体重」というものすごい荷重がかかっています。なので、リラックスしている暇はないんです。

座っている時でも足を組んだり、緊張させていたりします。

「力んでいるのがあたりまえ」の足を、リラックスさせる。ドラムをやることによって「脱力」の感覚が身に付きだします。

 

3. ピアノでやる曲を「リズムからアプローチ」することで、曲の構造がわかり、演奏がますます面白くなる。

拍子感という言葉をご存知だと思います。

ですが、具体的に拍子感をレッスンできる先生は稀です。

つまり、自分が拍子感を持って普段演奏していないと、そんな話はできないからなのです。

例えば「2拍子」なら、1拍目と2拍目のどちらを強くするかは、音楽のジャンルによって原則が決まっています。

また、拍には必ず「裏」があります。

これらを操れるようにするのが「グルービーな演奏」の必要条件。しかしながら、口ではザクッと説明できますが、ジャンルだけでなく、曲によってもいろいろあるので、やはり「演奏する」っちゅー体験が必要なのです。

グルーブ感が身につくと、メロディーやハーモニーが生き生きしてきます。

よく、「上手な人の演奏って、ドラムいなくてもいてるみたいに聞こえる〜」って感想、耳にします。

これは、演奏者が「グルーブ」を身につけているからなのですね〜

皆さんも是非、グルーブに興味を持ってみてください。ドラムの手まね口真似してみるだけでも、結構分かったりしますので〜

 

まとめ

パラダイスキャットピアニストがドラムをやると、こんなにいいことがあるんだニャー。

 

上達がはやい理由

  1. 譜面を抵抗なく読める
  2. 子供の頃に音楽の稽古をつけられているので「レッスンなれ」している。
  3. 右手と左手で、同時に別の作業ができる(エレクトーン奏者は足も)。ペダルにも慣れている。

 

その素晴らしい効果

  1. リズムが良くなる。
  2. フットワークの練習をすることで、身体の重心が安定。腕も軽やかになる。
  3. ピアノでやる曲を「リズムからアプローチ」することで、曲の構造がわかり、演奏がますます面白くなる。

 

あなたの音楽人生が、ますます豊かになりますように。

ビーツ・アップ 前田 憲

SNSでもご購読できます。