とくに「ハネている裏の音符」指導できる先生は少ない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

八分音符がハネていて、しかも裏だけにバスドラを

バスドラム フットワーク いい音入れなければならない場合、結構プレーヤーは注意しないといけない。

たとえば1拍目うらにバスドラを入れる(表は休符)など。

とくにその前に「4拍目うら」にもフレージングしないといかん場合、大抵の生徒さんは(先生も?)次の小節、1拍目裏がきちゃなくなるケースがおおいのです。さて・・・

ドラマーは、先生/生徒問わず、

  • きちんとした音楽教育を受けていない
  • プロの世界で揉まれていない

場合が多くて・・・つまり、フィードバック(駄目出し)をちゃんと受けてないことが多いのです。

皆さんのバンドで、もし共演者のタイム感しっかりしていない場合、とくに気にならずに時間が過ぎていきます。ただしそこに、ちゃんとした指導者がいたら、もちろんしっかりしたタイム感になります。

プロの世界でしたら、仕事がなくなるかまたはリハなどで「ケッ」とか言われますので、必死で食らいつくために練習します。

ちなみに私の場合は、幼少のおりエレクトーンを数年やっていただけでしたので、音楽教育を受けたことは受けたのですが「たりません」でした。

なので、プロの世界は入ってからはそらもう、全部一からやり直しました。おかげさまで今では大変楽しくドラムを演奏できております。

 

さて、裏の音符ですが、これはまっているドラマーは本当少ないです。なぜでしょう??

これは、実際にはめてみないとわからん話なんですね〜

たとえば、表が休符、裏が音符しかも跳ねているなんていうフレージング、ジャズやラテンのみならずめっちゃ出てきます。

が、

 

大抵の人は表を見失ってしまって、裏がはまらない。

とくに一番おおいのは、表の前に裏を入れときゃいいんだ〜などと勘違いしているケース。

つまり、簡単に言うと表拍をしっかり数えればいいのですが、数えながら演奏するなんていう技術力もない。

なんせ「休符」ですから、タイムがおそろかになりがちなんですね。

ちなみにうちの教室のセッションでは、生徒さんの裏拍がおろそかになる時あったりしますが、ちょっとした注意喚起ですぐに直ります。

それは普段からレッスン&セッションで、表拍の重要性を絶えずサジェスチョンしているからです。

ぐちゃぐちゃでも気にならない人はべつにそれでいいと思います。それはそういう人同士で楽しくバンドできたりしますし、習いに行かなくてもいいんです。

それは人それぞれ。しかし、

 

もしあなたが上達したいのでしたら、

「つまらないなあ」と思ってしまうような、地道な練習を進んでやりましょう。

またはやらせてくれる環境に身をおきましょう。

 

「表拍を大切にしよう!」

と頭ではわかったとして、では・・どうすればそれを再現できるのか???

重要なのは「再現力」なんです。頭でわかってるし、練習でもできるし、本番でもできるし、アンサンブルで人を支えることもできる。

そして、人の指導もできる。などなど・・・

ここまでできるようになるにはやはり、指導技術(練習技術)つまりメソッドノウハウが必要になってくるんですね。頭だけなら、誰でもわかります。

 

自身の宣伝になってしまいますが、「つまらない練習」をマジメおもろ楽しくやってしまえるレッスンノウハウなら、私んとこ満載です。

もしご縁ありましたら一緒に是非練習しましょう♪

 

ビーツ・アップ 前田 憲

おすすめ記事

美しい音色、あらゆるジャンルのコツ
おいしい練習方法をゲットして
「上達!」
ドラムの醍醐味を満喫しよう♪

 

 

ドラマーが音楽で幸せになる方法、実はいたってシンプル!


drumschool_IMG_1617maru

 

ビーツ・アップドラム教室は、こんなあたなにピッタリ♪


・スムーズにプレイできなくてお悩みの方
・ルーディメントをちゃんと勉強したい方
・ジャズやラテン、ポピュラーのセッションをやってみたい方
・いい環境でバンドをやる機会がなかなか見つからない方
・安いドラム教室では「内容が不安」という方
・時間や曜日を固定したくない方
・好きだからこそ、ちゃんと取組みたいと熱望している方。

IMG_2186ドラム

たとえばこんなメリットが・・・!


・ストロークの高効率化で、究極のリラックスプレイをあなたに。
・あらゆるジャンル/ワールドビートの「具体的コツ」がわかる♪
・センシティブ・ルーディメントで、美しい音色をゲット!
・上達したら、即セッション。ジャズフェスにも出演できる♪
・ドラム上達の全貌が明らかに!プロへの道も夢ではない!


 

講師 前田 憲(まえだ けん)



生徒さんが上達する瞬間を、逃しません。


一流ミュージシャンと数多く共演、責任の大きなイベントも数多く担当。なによりも「演奏する事が大好き」な、修羅場をくぐり抜けてきたプロフェッショナル。 そして教える事も大好き。

 

常にベストな提案。全力で取り組みます。


「演奏家」にしかできないそのアドヴァイスは無駄がなく、生徒さんの状況に合わせ、最も効果的な「解決策/練習法」を提供できます。皆さんの上達こそが、大きな歓びです。

casshat_07_w500

 

あなたにはあなたの「上達!」がある。


のんびり上達したい方も、プロ目指す方も。一人でこっそり基礎練したい方も、バンドをやりたい人も。
「何か違う」と悩んでいる感性鋭いベテラン、どうせやるなら「最初からきちっと」やりたい初心者の方も ・・・

 

勘どころを習えば、上達がスムーズ!


今のあなたベストフィットな取り組みを一緒にさがして、楽しく練習しましょう。そうすれば「楽しい上達!」が、あなたを待っています。

 

各コース、お月謝、ワンポイントアドバイス、講師紹介など



ドラム教室
さらに詳しく

上達!スタッフ紹介



☆パラダイスキャット

パラダイスキャット大

まえだけんドラムの代わりにブログの進行したり、ライブ案内するのが任務。本人は楽器をたしなまないが、大変耳が良い。



☆堀リズムちゃん

堀リズムちゃん大

ピアニスト。ジャズだけでなくポップス・ラテン・クラシックも演奏し、造詣が深い。アレンジ・作曲、そしてお掃除も得意・・・と、なんだか誰かにそっくり。



☆上達也くん

上-達也クン

上達を熱望するドラマー。だが、なかなか思うように上手くならないのでいつも悩んでいる。ここだけの話だが、大昔のまえだけんドラムはこんな風に苦しんでいたのだった!