本当に上達するのか不安=初心者の悩みを解消する処方箋。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 結構、あっという間に時間が流れます。
なので、スタジオ入りする前は、「テーマ」をいくつか決め、それぞれにかける時間も決めて、冷静に練習しましょう!

 

こんにちは、ビーツ・アップ 前田 憲です♪

ご機嫌麗しゅう!

 

こんな質問をよく受けます。

 

Q 練習スタジオに行って練習しています。本当に練習になっているのか?不安です。どうしたらよいのでしょう?

ようこそ、ドラムを始めたばかりの方でしょうか? よくぞ、勇気を持ってご質問してくださいました!

はじめたてはもちろん、ベテランになっても「この練習でいいのだろうか?」という不安は、つねにつきまとうもの。 ですが、練習のやり方は音楽歴があがって「上達」していけば、それなりに精度が高くなっていきます。

それに、悩むという事は、向上心の現れです。どうぞ安心し、ご自分に自信を持って、以下のコメントを読んでくださいね。

 

さて、ドラマーの練習場所って、大きく2つに分かれます

  • ドラムセットが有る場所(スタジオなど)
  • ドラムセットがない場所(練習台などで代用する)

前者はたいてい、防音しています。
なので、スタジオでの練習法、そこでしか出来ない大原則を覚えておくとブレません。

つまり、

「ドラムセットでしか出来ない練習」
「リラックスして大きい音を出す練習」

をやるのがベスト♪ということ。

具体的には、

1、今取り組んでいるパターン
2、バスドラの(できればハイハットも)フットワーク
3、タムまわしを使ったフィルイン

を、主なネタにします。 あと

4、チューニング
5、セッティング

も試してみる絶好の機会です。
また、意外とみなさんが取組まないものに

6、ウォーミングアップ も

あり、実は重要です。

たとえば「ボース」をやる絶好の機会ですね。 (両手両足で、同時に音を出す。はじめは両手だけでゆっくりと。次に右足を足して、最後に左足。テンポはとにかくゆっくりめで。とにかく「同時に」音を出す事が重要。)このときには、手足がリラックスしているのをじっくり感じながら行います。

 

初心者の時に「脱力」のクセをつけていきましょう。

脱力はもちろん奥深いもので、一言で言い表せませんが、「力ぬいて〜」って思いつづけるのと、全く思わないのでは、1年後、3年後、天と地ほどの差が出ます。

とくに、夢中になっている時はリキみ易いので、余計に脱力してください!

この体の状態が「脱力!」と覚えていけば、上達への道も正しく開けるでしょう。

 

参考コンテンツ

 

脱力に興味の有る方は、ブログ「脱力」

http://ameblo.jp/beats-up-rythm/
を是非ごらん下さい!!

 

初心者の方向けのコンテンツです

皆さん安心して!最初は誰でも「初心者」なのです。

 

チューニング、セッティングは、こちらの記事を参考にしてください。


http://beats-up.academy.jp/blog/tuning
(チューニング)

http://beats-up.academy.jp/blog/drumsetsetting(セッティング)

さて、ここまで述べただけで。1〜6の六項目有ります。 一項目10分としても、1時間かかります。 結構、あっという間に時間が流れます。

なので、スタジオ入りする前は、「テーマ」をいくつか決め、それぞれにかける時間も決めて、冷静に練習しましょう!

 

みなさまの上達を、切に願っています♪

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

初心者には、無限の可能性がある!

まずは好きなビートを、楽しく叩けるようになろう!

自分の好きなCDなんかを聴きながら、「こんな風にドラムがたたけたらな~」なんて、だれだって憧れるものです♪

でも恥ずかしい、難しそうだから、とついつい引っ込み思案になってませんか?

また、「今からドラムを初めます!でも、何からするべきか??解らない」方もきっといらっしゃるでしょう・・・

ビーツ・アップミュージックスクールでは、そんな人たちの夢を叶えるため、まずは好きなビートを叩けるように楽しくレッスンいたします!

  • ロックが好きな人は8ビートを

  • ジャズが好きは人は4ビートを

  • ラテンが好きな人はまずボサノヴァを


・・・などなど、まずはポピュラーミュージックの主なパターンをマスターしましょう!!

 

<練習メニューの例>

・8ビートの基本パターンと 、フィルイン(4ビート、ボサノバなども) ~右手は、どれくらい脱力できるかな??


・練習曲で、バンドアンサンブルのシュミレーション!
~譜面を見失わずに通せるかな?


などなど。

プロだけが知っている
「紙一重」の差をゲットして幸せに ♪
ビーツ・アップ・ドラム教室

SNSでもご購読できます。

コメントを残す