一流奏者に学ぶ、微妙なずれをさっと修正する技術で上達!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
一流の演奏は、なぜビシッとしているのか?

なぜ一流ミュージシャンの演奏は「完璧にあっている」ように聴こえるのか?

 

 

2013-08-27 21:02:41
テーマ:リズム感、その「深化論」

 

+++++

 

こんにちは、ビーツ・アップ ケン・前田です♪

ものすごい厳密にいうと、バンドをやって「完璧にリズムが合う」ことは100%ない。
では、なぜ一流ミュージシャンの演奏は「完璧にあっている」ように聴こえるのか?

 

それは、音楽であわせるべきポイントを熟知しているから。

 

数ある中の一つに「呼吸」がある。

 

つまり、大きな意味での「呼吸感」があっているのだ。

 

☆実はブレスの後、こういう状態で演奏すると、呼吸感が生まれてくることを、皆あまり知らない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上達!スタッフ紹介



☆パラダイスキャット

パラダイスキャット大

まえだけんドラムの代わりにブログの進行したり、ライブ案内するのが任務。本人は楽器をたしなまないが、大変耳が良い。



☆堀リズムちゃん

堀リズムちゃん大

ピアニスト。ジャズだけでなくポップス・ラテン・クラシックも演奏し、造詣が深い。アレンジ・作曲、そしてお掃除も得意・・・と、なんだか誰かにそっくり。



☆上達也くん

上-達也クン

上達を熱望するドラマー。だが、なかなか思うように上手くならないのでいつも悩んでいる。ここだけの話だが、大昔のまえだけんドラムはこんな風に苦しんでいたのだった!