思いのまま「肚をくくれる」ようになる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

じつは「いい音楽家」は、一瞬でこの状態になれるのです・・・・・

 

+++++

 

こんにちは、ビーツ・アップ ケン・前田です♪

 

肚が座っているとか、下っ腹に気合いが入ってるっていいですね。

いかにも「たのもしい」感じ。

じつは「いい音楽家」は、一瞬でこの状態になれるのです。

 

☆「肚が据わっている」と、何がいいのか??

 

見た目は下腹部が気合で「デン!」と出た状態。ベルトがきつ~ってなってます。

この時、へそしたのおなかは膨らんで、内蔵がでろーんって下の方に移動してます。

で、胃から下の内蔵は「けっこうな重さ」がありますので、

・重心が下がって、体幹が安定。手足が操作しやすくなる。

のです。だるまさんが転ばないのといっしょ。おもりが下の方にあるからです。

また、

・横隔膜が下がって、リラックスする

心臓のスペースが広がると、いわゆる「副交感神経」が優位になって、心身がリラックスするんです。

 

☆熟練してくると、「意図的に腹をくくれる」ようになる。

皆さんも、憧れませんか?

そんな風になりたい人のためにちょっとだけ・・・

 

<ワンポイントアドヴァイス>

お誕生日ケーキのろうそくを消すときのあなたは、実はこの状態。

気功では「逆腹式呼吸」と呼ばれ、効果が実証されている呼吸法です。

息を吐いているのに、おなかが膨らんでいる。

まさに、逆さま!!

ただ、やみくもに「呼吸」すればいいというわけではないんですね~。

また、音楽をされている方は、演奏中に試されてはいかがでしょうか(もちろん、しっかり練習してからね)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す