会話上手な人特有のいい習慣、そしてリズム感との深い関係。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしもはっきりとわかった時は、メカラウロコでした。面白い人って実は、おもろいことばっかり言う人ではないんです。

だから、自然といい感じに「へえ~」とか合いの手入れれるんですね。

こういう感覚をゲットすると、恋に仕事に、そして人生において、なにかと豊かになります♪

 

こんにちは、ビーツ・アップ 前田 憲です♪

ご機嫌麗しゅう!

 

さて、会話上手な人は、なにかと人気者になりがちですね。

特に大爆笑するほどの話をしていないのに、なんか盛り上がる。仕事とか恋愛においても大変有利です。

では、そうでない人と一体、何が違うんでしょうか?

 

ところで・・・

 

 

演奏って、ほんと、会話そのものなんです。

 

僕たちドラマーは、ソロのひとが息つぎしてるとき(この時、メロディーはほんの少しの間、休符になってます)タイコを軽く「コツッ」って叩くことがよくあります。

たとえば「枯葉」って言う曲で

 

か~れはっ~よ~ チャッ、チャ~

 

の チャッ、チャ~ って言う部分です。

つまり、たとえばシンガーが「か~れはっ~よ~」って歌った後に、すかさず太鼓で「チャッ、チャ~」ってなにかフレージングするっていうことなんですが、これってつまり「合いの手」ですよね。

まさに日常会話の「相づち」そのもの。

で、時々、ドラムもドコドコしゃべって、「音のおしゃべり」が盛り上がるようにします。

漫才で言ったら「ツッコミ」、会話で言ったら「話を膨らませる」ですね~

 

つまり、わりとほとんどの時間は、相づち打ってます。で、締めくくりになにかおもしろくフォローしたり、次のお話へとリードしたり、そんなのがドラムの役割です。

要するに、「聞き上手」である事が重要なのです。

 

で、話を日常コミュニケーションに戻しますね。

面白い人って、とにかく「会話が上手」。

そして、良~く観察してみたら・・・

 

 

「会話の上手な人」は、とにかく、相づちを打つのが上手い。

 

その相づちもちょうど良い感じ。がんばりすぎず、回数もほどよく、さらに、ツッコミが上手なのも特徴。

話をまとめたり、次の展開に上手に持っていったりするのもお手の物。「ツッコミ上手ですね」ってほめたら、

 

「前田さん、ツッコミどころ満載やから簡単」

オレはやっぱり天然か・・・

 

それはさておき、気がついたら、「ノセられて」べらべら自分の話をしゃべっている感じです。

 

で、そういう時って「またこの人とおしゃべりしたい!」って思うでしょう?

「また会いたい!」って思うときって、「この人、私の話を聞いてくれた♪」って印象をもったときなんですね~

つまり、会話上手って、「聞き上手」のことだったんですね。

 

 

じゃあ、「会話上手=聞き上手」と「リズム感」、一体どんな関係があるのでしょうか?

 

たとえば・・・『休符を狙って手拍子する』っていうリズム遊びがあるんですが、

 

<主> パン パン パン ウン

 

「ウン」で休みます。

つまり<主>の人が、3回手拍子やって1回休む。その休んでいる「ウン」の時に、<伴>の人が「パン」って入れる。「合いの手」の練習ですよね~

これ結構難しいんですよ。ちょっとぎくしゃくしたり、すごいリキんだりします。おくれたり、はしったり、ってやつです。

でもね、これジャストで「バシッ」て決まったら、ものすごい気持ちいいんです!

 

一体感って言うんでしょうか・・・!!

 

じゃあ、どうやって、気持ちよく合いの手を入れるのか。

<主>が、 パン パン パン ってやってるときも、しっかり心を動かしながら、聞いとかんとダメなんですね。そしたら、自然と最後のウン のところで、 パン ってジャストに手拍子入れれます。

つまり、

<伴> ウン ウン ウン パン

って、自分が聞き役のときも、しっかりリズムを刻んでおけばいいんです。

 

 

聞き上手って実は、相手と同じリズムで「ノっている♪」

 

だから、自然といい感じに「へえ~」とか合いの手入れれるんですね。

こういう感覚をゲットすると、人生において、なにかと豊かになります♪

 

みなさんの生活が、よりハッピーになりますように。

 

ビーツ・アップ 前田 憲

 

 

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す