本当に深いリズムを出すために必須な感覚。1つご紹介!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

!!!・・・衝撃だった。黒人なまりとはいえネイティブはマンハッタンのことを・・・

 

ごきげん麗しゅう。

ビーツ・アップ 前田 憲です!

 

英語がますます重要な時代になってきましたね~

小学校でも「必須」だし、会社でも「英語オンリー」ってとこも。さて今日は・・・

 

 

かつてニューヨークで・・・

 

空港に着いて「manhattan(マンハッタン)」に行きたいと現地の人に言ったら全く通じない。

しかたが無いので地図で「ここやここ」って見せた。すると「オ~ウ!」どうやら納得して、彼はこう言った。オゥケエイ!

 

「ムアヌハアッタアアン!!」

!!!

 

衝撃だった。黒人なまりとはいえネイティブはマンハッタンのことを「ムマヌハアッタアアン!!」って言うんだ!!!

 

一方、ずっとむかし、気になっていたこと・・・

 

 

一流プレーヤーの出すリズムは「スピードがあってゆったりしている」

 

って言うことです。

もうちょっと理屈っぽく説明しましょう。つまり、

「立ち上がりが素早くて、リズムの伸びがた~っぷり」

ってかんじでしょうか。

例えば「ドチ タチ ドチ タチ」っていう(是非声を出して読んでみてください<(_ _)>)簡単な8ビートのパターンも、黒人のすごいドラマー(オマーハキムなど)が叩くと、

「ドゥチィ タァチィ ドゥチィ タァチィ」

って聞こえるんですね~(是非声を出して読んでみてください<(_ _)>)

で、

 

 

私の失敗例 いくつか紹介。

 

「立ち上がり」を気にしすぎて・・・テンポがハシってしまったり!!

「伸びをた~っぷり」とりすぎて・・・当然遅れてしまったり!!

簡単に言うと、立ち上がり(アタック)と、伸び(サスティーン)が「両立できてない」のでした。

でもどないしたらええねん!!!って悩んでいたころ、声楽のレッスンに通ってました。音楽を深く理解したかったのでね。

そこでは「ドイツ歌曲」に挑戦してました。ドイツ語って、リズムの切れ味が何となく好きだったので選んだのですが、むつかしいのなんの。子音が多いんですわ~母音1つに3つくらいついてくる。

で、ある曲を歌った時に「リズムが遅れている」との指摘。

そして、こんなサジェスチョンを頂いたのです。

「前田さん!歌が始まる前に、口を子音の形で用意しておいてください!!」

って。

それを聴いた時、僕は謎が一気に解けた様な気がしました。

そういえば、子音はリズムの頭ですでに言い終えているように聞こえるわ!

じゃあ先生、リズムの頭は「母音」ですか?

「その通りです!」

 

 

どうしてネイティブの英語は「躍動感がある」のか?

 

manhattan

日本人は「マンハッタン」と読む。

でも実際は、

m anh att an

「ム アヌハ アッタ アアン!!」

「m アnh アッtt アアn!!」

こんなふうに「母音」がリズムの頭、なんですね~

じゃあ「子音」の場所は??

もうお気づきでしょう。そう「いちばん後ろ」なんですね~♪

なので「manhattan」を4拍子のリズムに乗せると、

m|anh att an (休符)m|

つまり、アタマの m は、前の小節の4拍目の後ろの方に来ることになる。

この法則を当てはめると、ドラムのリズムも・・・

「ドゥチィ タァチィ ドゥチィ タァチィ」

D|ゥCィT ァCィD ゥCィT ァCィD|ゥCィ・・・

もちろん、最初の D や C は、限りなく1拍目のアタマに近いのですが、この感覚で歌うと本当にリズムの切れが良くなる。

気をつけなければいけないのは「焦らないように」ってこと。あせると、リズムは必ずハシリます。

 

是非、チャレンジしてみてください!!

 

 

本日は、お目通しありがとうございました。

みなさんの人生がますます豊かになりますように♪

ビーツ・アップ 前田 憲

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す