人が敬意を払うのは気づこうとする姿勢。結果3つの恩恵を生む!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
セッションで上達

そんな厳しい所に、ご自分の意志で飛び込んで来る人。それは・・・

 

 

 

+++++

 

もう11月も半ばですね。
秋も深まり、そして今日も僕のブログを読んで頂けて感謝です!

 

さて、生徒さんはみな、年々レベルが上がっていることに、もうお気づきでしょう。

 

というわけで改めて・・・

第4回アンサンブルクリニック、本当におつかれさまでした!

(2012/11/4 寝屋川アルカスホール「練習室」にて)

 

ベースの木村先生からも「前回よりずっと良くなった」と、やっぱりお褒めの言葉も頂きましたね。

 

たくさんあった成果のうち、3つ程ですが申しあげますと・・・

  • 「現場でなんとかする」根性が芽生えてきた
  • 「リズムのまとまり」が良くなり、グルーブ感がでてきた
  • 「エンディングのやり取り」が見えてきた

こんな感じでしょうか。

 

そして僕が思うに皆さん、

 

音楽力のみならず「人間力」も成長されたのではないでしょうか?

だって、会を重ねるごとに、このアンサンブル、「シビア」になってきてます。

そんな厳しい所に、ご自分の意志で飛び込んで来る人。それは「向上心」があるからです。

  1. 「気づいていないこと」を発見する。
  2. 「出来ていない所」を発見する。
  3. 「感じ切れていない」ところを発見する。

これらはすべて「会」という実戦の場が無いと、絶対にピンとこないのです。

 

そして「セッション慣れ」もしてきたと思います。

でも「会」がシビアでないと、結果「セッション慣れ」だけで、「さらなる飛躍」につながる課題も見つからず、折角の音楽生活のクオリティが伸び悩んでしまいますね。

 

もちろん

  • 「伸び伸び楽しく」が少し too much で、「ちょっとだらしない演奏」に
  • 「ちゃんとやろう」って思いすぎて、「リキんで」しまったり
  • 「自分のプレイに集中」しすぎて、キメを忘れてしまったり、迷子になってしまったり

・・・etc.


あの時はそんなNGもあったかと思いますが、大丈夫!
人って、最初からそんなにうまくいかないものです。

実戦を積めばだれでも「身体で理解できた!」っていう貴重な瞬間を味わえるようになるのです。そして、その瞬間を夢見るのが、上達の秘訣です。

 

皆さんの音楽生活が、より豊かになりますように。

レッスンでも、さらなるサポートをさせて頂きます<(_ _)>

 

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます!

ビーツ・アップ 前田 憲

 

PS アンサンブル後、生徒さんから「次への課題」を聞かせて頂き、僕からは・・・

少しでもヒントになるように、コラムを用意しました。

どうぞご覧ください♪

 

意外な所にある!演奏が上手くいかない原因。

本当に深いリズム。ヒントは英語の発音。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。